<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LONG VACATION その2

e0145278_21303984.jpg  こんばんは、的場です。 昨日のブログの続きを載せます。

 宿泊していたリゾートを出る間際に、「近くに動物園があるから、僕のバイクを使って行ってみたら?」 と、リゾートのスタッフに声をかけられた僕。 聞くところによると、目と鼻の先らしい。 ということで、バイクを借りていざ出発。
 10年くらい前は「的場は単車の運転うまいなー。」なんて、みんなに言われていたものですが、ここ数年はまるでバイクに乗っていなかったため、すごく安全運転。 何せ、ケガをしたくない。 守るべきもの(今で言うと、仕事)ができると、人は強くなると言いますが、同時に弱点もできるということでしょうか。
 スッカラカンのタンクに、近所のサリサリ(駄菓子屋みたいなもの)で買った1リットルのガソリンを入れる(コカコーラの瓶に入っている)。
 
 走れど走れど、田んぼや小さい街が視界をかすめて行くばかり。 かるく不安に駆られる。。。
 30分くらい走ったころ、本当に、まさに奇跡的に、たまたま目を見やった小さな看板に「パラダイス、ズー」と書いてあった。 もう二度と探し出せないのでは無いかと思う、それくらい、偶然見つけた。

 入り口はただのサリサリ(駄菓子屋)にしか見えないが、明らかに看板がある。

 そこをバイクでくぐり抜けると、小さいかごに大きい猿が入って大暴れしている。 相当ストレスがたまっている模様。 何となくそのかごに気をとられながら、サリサリの入り口を見ると、もう一匹ワンピースを身にまとった猿と、いきなりはち会わせる形になってしまった。 びっくりしすぎて殴りそうになった瞬間、それが言葉を発する。 
 「入園料10ペソ」 
 
 自分を落ち着かせ、たっぷり時間をかけてまばたきをして、あらためてそれを覗き込んでみると、何のことは無い、ただの老女でした。 
 お金を払うと、さらに一言、
 「冷たいビールや、ラムもあるよ。」
 ありがとう。 僕のまたがるバイクは見えていないようですね。

 きっと、バイクや車、飲酒運転のルールなんて大して意味を成さない時代から、彼女は毎日「入園料」を徴収し、まるでマニュアル通りに「冷たいビール、ラム」を売り続けてきたのだろう。

 入園料を払い、老女に手を引かれ、中へと進む。 「この先の建物の中には、世界中の生き物が見られるんだよ。 ひひひ。」 と言う彼女を見直すと、なんと全然違う人に連れられていた。 いつの間に? ポルターガイスト動物園ですか。。。
 お化け屋敷に踏み込んでしまった僕のもとに、一本の電話が入る。 バイクを貸してくれた彼からだ。

 続きはまた次回。 おやすみなさい。

 写真は、動物園「パラダイス ズー」で見かけた野生のパイナップル。 恐怖の動物園で見かけたそのパイナップルは、僕にひと時ばかりのパラダイスを思い起こさせてくれました。
[PR]
by michihiromatoba | 2008-04-29 22:36

LONG VACATION その1

e0145278_22361574.jpg こんばんは、的場です。 昨日、今日と連休をいただき、向かいの島「ネグロス島」のリゾートに泊まりに行ってきました。 泊まったのは「BAHURA(バフーラ)」というリゾートで、ドゥマゲッティから20キロくらい南下した海辺にあります。 ここは三年くらい前に少しだけ中をのぞいたことがあり、一度は泊まりたいと思っていた場所です。 実際に行ってみたところ、僕の記憶よりも美しくてびっくりしました。 たいてい、記憶が現実に勝るものですが。 写真は携帯電話の内蔵カメラでパチリと撮ったものです。 プールがかなり大きく、深さも最深で4メートル以上あります。
 昨日は午後4時くらいにチェックインし、ちょっと泳いだりしながら、だらだらと過ごしました。 すこしリッチなお酒を飲みながら、静かなバーで夜更かしするつもりだったのですが、体内時計が働いているらしく、夜の9時を過ぎると眠くてしょうがない。。。 一応、バーがしまる23時までは意地になって起きていました。
 そして今朝、なぜか早起き。 宿泊料金に朝食が含まれているので、朝からもりもり食べる。 食事をしながら、ふとリゾートのパンフレットを見ると、宿泊客には無料でスノーケルセットとカヤックを貸し出しているらしい。 やるぞー。
 カヤックで沖に出て、スノーケルでがんがん潜る。 一時間くらいたった頃でしょうか、左腕の腕時計に目をやると、、、あれ。 水没してる。 50メートル防水って書いてあるのに。。。 (現在、ドゥマゲッティの時計屋に預け修理中。)
 その後、溺れているフィリピン人スノーケラーを発見。 もちろん救助。 マリンビレッジのあるリロアン村では、フィリピン人が溺れるなんて想像できないため、一瞬演技だと思ってしまいました。 本気で溺れているとわかった後も、あまりに珍しいので観察しそうになりました。 ちなみに、溺れスノーケラ−の家族たちが近くにいたのですが、全員が演技だと思っていたようで、溺れる家族を指差し最後まで爆笑。 ステキなご家族ですね。
 そうこうするうちに、お昼の12時、チェックアウトの時間です。

 お会計をしていると、ヒマそうなスタッフが話しかけてくる。

 「これからどうすんの?」
  帰るつもり。

 「近くに動物園あるよ。 バイク貸すから行って来なよ?」
 
 続きはまた明日。

 下の写真は、「大蛇と私」。

 おやすみなさい。

 
 
 
e0145278_23302712.jpg

[PR]
by michihiromatoba | 2008-04-28 23:33

Bongavilla

e0145278_22235752.jpg

 こんばんは、的場です。今月の19日から今朝まで、月刊ダイバーの取材をお手伝いするため、Bongavilla(ブンガビラ:マリンビレッジの別館)に泊まっていました。 

 この時期、東風(Timog)がふくのですが、島の西側に位置するブンガビラは、完全に島影になるためハウスリーフの海峡も良く、まさにベストシーズンでした。

 取材のカメラマンで来ていただいた、佐藤良一さんと記者の鈴木さんとは一年半ぶりにお会いしました。
 パラオで活躍しまくっていた佐藤さんは、当然僕よりも魚には博識で、魚を見つけるのも早い(陸の撮影のほうが楽しそうでしたが)。 そして、記者の鈴木さんまでめちゃめちゃ魚に詳しい(僕よりも多くの魚を見てきている、絶対)。 こんなで僕はこの取材をやっていけるのかしら、、、。
 しかし、忘れていましたがこのお二人、もの凄くマイペース。 特殊に肩の力が抜けているというか、超大物というか、どことなくフィリピン人的というか。 実際、フィリピン人スタッフにはすごく好かれていましたね。 二人とも、僕より黒いし。

 順調に取材はすすみ(? 僕だけずっとドキドキ)、夜はとりとめもないフィリピントークにつき合ってもらい(二人は一年の三分の一くらいフィリピンにいるようで、つい二人の国籍を疑うほど詳しい)、さらに魚を教えてもらい、僕はすごく楽しかったー。

 まるでお役にはたてませんでしたが、僕はものすごく勉強になりました。 またいつか、お仕事ご一緒できるといいな。

 
 今回の取材では今までと趣向を変え、ブンガビラリゾートをメインで取材していただきました。 予定では、7月10日発売の「月刊ダイバー8月号」に載るようです。 ステキなリゾート写真をお楽しみに。
 
 上の写真は、ブンガビラの客室から見えた夕焼けです。
[PR]
by michihiromatoba | 2008-04-24 23:12

プロのボートマン

 e0145278_2228077.jpg こんばんは、的場です。 
 明日は休みなので、ちゃんとブログを書いてから寝ようと思い、作成をはじめたのですが、今日は写真を撮っていないため内容に悩みました。 そこで、去年の今日撮った写真を探して載せることにしました。 しかしあけてみたら、まるで知らない毛むくじゃらの犬が写っている写真しかでてきませんでした。

 その犬はまるで記憶に無いため、その他の写真の中から去年の今日に一番近い日の写真を探したところ、去年の4月15日にスノーケリングで撮った写真がでてきました。 その写真がこれと、下の一枚です。

 たしか、その日は休みで、満潮の時間に合わせてマリンビレッジのレストラン下や、テラスの下をカメラ片手にスノーケリングをしたのだと記憶しています。

 あれから一年経つのかー。 この写真のことなんて憶えていなかったくせに、思い出すと妙な親近感。 その日も休みでした。



 明日の休みは、リロアンにある床屋に行こうかと思っております。 実はリロアンで散髪してもらったのは過去に一度きり。 マリンビレッジのスタッフが呼んでくれた自称「セミプロ」の美容師(数日後に近所のボートマンだったと判明)に、近所で散髪してもらっただけ。 しかも、その時の彼は、なぜか酒と扇風機を両手に持って現われ、野原に椅子一つ、鏡も無く、どこからか扇風機用のコンセントが延びていました。 その日はかなり暑い日だったと記憶しています。
 しかし、扇風機を使う様子のない彼。 後にその扇風機は、ドライヤー代わりに使うつもりだったと判明。

 集中しているセミプロと、なぜか飲まされてしまった僕は、お互い汗だく。 セミプロの汗と、間近な吐息がなおさら熱苦しい。

 ふと、汗だくになっている僕に気づいたセミプロ、

 「すごい汗かいてるけど、まさか病気なのか?」
   いやいや、あんただってそうだろ。

 心ではそう思いつつも、とくに返事もせず、セミプロにゆだねる。 切られ、落ちた髪が汗の浮いた肌から離れず、だいぶ不愉快。 よくわからないのですが、たぶん「何かが肌に触れている状態」が、物心ついた頃から嫌いなんです。

 したたりまくる汗、汗ですべるセミプロの手先、灼熱の太陽、熱い吐息。 散髪も終盤にさしかかったと思われる頃、セミプロが再び口を開く、

 「もしかして、君、暑いのか?」
   察しろよ。 

 こうして彼はついに扇風機を作動させる。 

 逆立つ僕の髪。 

 扇風機、強すぎる。 

 この逆立って揺れる頭髪を上手に切ることができるのなら、彼はきっと「プロ」になっているだろう。

 
 この日、僕を散髪中に泥酔させたうえに、ジャンボO崎さん風なヘアースタイルにしてくれた彼。
 現在、やっぱり彼には適職の、「近所のボートマン」をしています。
 
 
 
 明日、「プロ」のいる床屋で無事に散髪が終わりましたら、またブログに載せさせていただきます。

 おやすみなさい。


e0145278_22451344.jpg

[PR]
by michihiromatoba | 2008-04-12 23:51

悠久のリロアン

 e0145278_23342223.jpg
e0145278_23382851.jpg

 こんばんは、的場です。 写真上は、マリンビレッジ前の道、西側で、その下は、東側です。

 ここを歩いていると、マリンビレッジのガイド、ランディやキャプテンのリチャード、その他、ご近所のボートマンたちや、その家族たちに出くわします。

 彼らの食事時に通れば、
 「Kaon dong!」 (カオン ドン)
 飯食って行けー。と呼ばれ、飲んでいるおっさんたちには、
 「Toba inum dong!」 (トゥバ イノム ドン)
 トゥバ(現地の酒)飲んで行けーと、声をかけられます。 これは、誰にでも言います。
   (ちなみに、ドンというのは、仲が良い男性を呼ぶときに使います)

 初めてこの台詞を耳にしたときは、こっちの人たちって、食事風景や飲んだくれ風景を他人に見られたとき、なんとなく後ろめたいのかなー、なんて考えたものです。 スペインの統治が長かったためか、フィリピンでも、一日に五回くらい食事する習慣があります。 どこかで誰かは食べている。 ちなみに無職の人はきっと自称「漁師」で、現金を稼ぐ代わりに漁にでる。 (でっかいのが釣れたら現金に変える。) だから、この辺の人は、食べているか漁にでています。 漁に出ながら食べてるし。 

 しかし、よくよく見ていると、近所を通りすがりに「食べて行け」「飲んで行け」と言われても、実際食事をしている人はいないようですし、飲んで行くにしても、一杯を一気に飲んで退席するのが一般的なようです。
 つまり、「食べて行け」、「飲んで行け」は、ただの挨拶になっているようです。
 そういえば、断っても誰も嫌な顔はしません。

 きっと、自分だけが飲み食いしたいわけじゃなくて、見栄を張りつつ、「良かったらおいでよー。」なんてノリで発生した台詞なのでしょう。 

 みんながコンスタントに貧しいうえに、狭いリロアン村、近所の経済状況も筒抜けなはずなので、どかどかと人の家に乗り込んで遠慮なく飲み食いする人もいないのでしょう。 

 想像してみる。
 もし、僕がこの村で産まれたら。

 絶対いやだ。 日本がいい。 でも、想像だけしてみる。

 自制心の弱い僕は、一日五回(以上)ちゃんと食べる。 みんなが助けてくれるので、漁もしない。 誘われるがまま、人の家で食事し、飲みつぶれる。(嫌がられる) 体重は150キロ。 恋をしても痩せない。 一応、見せかけだけ漁にでる。 魚なんか釣ったら、ボートが沈む。 お腹がすくので、絶対手こぎはいやだ。 疲れるから沖にもでない。
 今夜は誰の家で飲もうかな。 

 おや。 もしかして、リロアンライフ、最高かもしれません。 住める。

 まず、ここなら戦争はおきないし、もし戦争になったら、即、白旗を振るでしょう。 ステキです。 誰も戦わせちゃいけません。

 お子様たちにはかわいそうかもしれませんが、願わくば、リロアン村はこのまま、余計な世間なんか知らずに、みんなでその日暮らしを続けてほしいものです。 


 「問題ナイ、心配ナイ、オ金ナイ」

 これは、セブではもっぱら通じる日本語の一つです。

 お金が無くても、本人たちが問題ナイと言っているので、心配いりません。

 おやすみなさい。 

 的場
 
 
 
 
[PR]
by michihiromatoba | 2008-04-10 00:50