<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

金槌頭と、仏像の頭。

e0145278_1885979.jpg



 モルディブは現在、季節の変わり目。

 
 ジンベエザメはいたけれど、マンタがいない。


 今週のクルーズ最終日、一本目はブルーウォーターでハンマーヘッドシャークを狙う。

 

 そして、はずす。



 二本目、乾期のマンタポイントでマンタを狙う。


 また、はずす。


 どうしたものかな、と思いながら浮上を開始すると、足元にでっかいカタマリが上がってきた。


 
e0145278_18172489.jpg



 どーん。


 今年も出ました、グレートハンマーヘッドシャーク。



 写真は去年、この「グレートハンマーヘッドシャーク」に出会った後に描いたもの。


 普段我々が狙う「ハンマーヘッドシャーク」よりも、はるかにデカイ。


 そして全然逃げない。


 こわー、とか言ってたら、遥か下の方をマンタが通過。


 しまった。。。



 ハンマーヘッドとの遭遇で出まくったアドレナリンをなんとか抑え、

 三本目(最終ダイブ)、雨期のマンタポイントへ。


 もう本気で後が無い。


 他のボートやリゾートからも、最後のマンタ狙いのため、ぞくぞくとダイバーがやってくる。


 もう人だらけ。

 泡だらけ。


 そんなダイバーだらけの中、うちのモルディブ人ガイド、ジェフを発見。


 「なんかいるよ」


 という視線を感じ、一緒に沖を見つめる。


 「あれ? マンタかな?」


 と、思ったら、ジェフがリンリンベルを鳴らし始める。


 もう行っちゃえー、ということで、僕もガンガン鳴らしながら沖を指差し、お客さんダイバーを集める。


 当然、他のダイバーたちも、「マンタか?」って顔でこっちを見ながら寄ってくる。


 ジェフと僕が指差す先の生き物、あれはマンタじゃないな。


 デカイなにか。


 しかも、ゆっくり、しかし確実にこちらへ向かって来る。


 まさか、またあのコワいやつか、、、?


 年に一回で充分です。


 僕より少し沖にいたジェフが、僕を振り返り、いままで見たことも無いくらいの激しい動きで僕に水中サインを送って来る。


 興奮し過ぎたジェフのサインを、冷静に判断することができたことが今でも不思議なほどである。


 両手をいっぱいに広げたあと、手刀を額にかざす。


 そう、分かる人にはわかる、「ジンベエザメ」のサイン。


 このサインを、沖を指差したり、ベルを鳴らしたり、両足をバタバタさせたりしながら物凄い早さで繰り返している。


 心臓発作を起こした人間でも見ているようだった。


 「ほんまにジンベエはんどすかー?」


 と思いながら沖に出て行くと、


 ほんまです。 


 でっかい図体に、サメとは思えない愛らしい間抜け顔。


 まぎれもなくジンベエはんどす。


 次の瞬間、僕も心臓発作の人になっていた。


 モルディブ人ガイドと日本人ガイド、二人が心臓発作になっている様子をみて、周りのガイドもすごい勢いでベルを鳴らして突っ込んで来る。


 それからはもう、総勢100人以上が一匹のジンベエを追い立てる。


 「おらー、どけー」


 とか言いながら、先頭をダッシュ。


 興奮し過ぎて、あまり記憶が無い。


 その後、マンタにも出会えた。


 アドレナリンが出過ぎて、疲れきった2ダイブ。


 ほんと心臓によくない。


 きっと寿命が縮んだに違いない。


 あのサメたちめ、おれの寿命をかえせ。


 



 前の日に買った、巨大なクジラの歯みたいなネックレスにご利益でもあったのかしら。





 一番上の写真は、タイのバンコク近郊にある「アユタヤ王朝」の遺跡。


 その昔、ミャンマーが侵略してきて、仏像の頭を全部落としていった。


 落とされた首の一つが、まだ地面から出たばかりの小さな木の上に落ち、そのまま木が育っていくうちに、仏像の頭は木の一部として取り込まれてしまった。


 ミャンマーの侵略後、荒れ地になっていたこの遺跡に、数百年ぶりに訪れた人が見つけたとか。


 寂しかったでしょう。


 木と一緒になれたから、そうでもなかったかな。

 
[PR]
by michihiromatoba | 2010-04-24 19:08

屋台 ムエタイ オカマバー

e0145278_186265.jpg


 すごかったな、反政府デモ。


 何がすごかったかというと、臭い。


 「ISETAN」などがある、バンコクのど真ん中、周辺のデパートは全て閉鎖。


 日本でいう、銀座や新宿がデモ隊に占拠されてしまってようなもの。


 何日も風呂にも入らず、炊き出しを続けるその周辺は、体臭、生ゴミ、トイレの臭いが立ち籠める。


 巻き込まれることよりも、巻き込まれてテレビに映ってしまうことや、その臭いの中を通ることが何より嫌だった。



 しかしこの周辺から通り何本か離れただけで、そこに暮らす人々は、デモのことなどまるで遠い世界のことのように話す。



 「いいかげんデモなんかやめて、働けばいいのに。」




e0145278_1816263.jpg



 真剣にムエタイをやり過ぎた成果。



 バンコクは日本食が美味しい。
[PR]
by michihiromatoba | 2010-04-10 18:24

おかしいな。

今頃、タイの首都バンコクにいるはずが、なぜかスリランカの首都コロンボのバーにいる。


コロンボの街は、フィリピンぽい。


気軽に友人もできたし。


街歩きも飽きて、一人だらっとしたくて、シャワーも浴びたくて入った、海沿いのホテルのバーにいます。


目の前が海。


毎日海を見ているのに、違う国の海は全く違った景色に見える。


気合いを入れ直して、バンコクにたどり着かなきゃ。


バンコクで僕が泊まる予定のホテルの前は、反政府デモの赤Tシャツでごったがえしているらしい。


ひっそり行こう。
[PR]
by michihiromatoba | 2010-04-03 21:35